祝園店 店長

髙橋 健太郎

仕事における わたしのモットー

「丁寧、綺麗、早い」

料理人時代、仕事を最初に教わった先輩から、厳しく指導された。当時は煩わしいと感じるだけだったが、後になってこの重要性が骨身に染みるように理解できた。

鯛(タイ)

好きな魚

鯛。鯛の目利きは非常に難しいので、自分の見立てが正しかったかどうかを、魚を捌いて開いた時に答え合わせする。ちなみに、最近はほとんど成功している(笑)

店舗のこだわり

本日のオススメがはっきりと分かりやすい売場にすること。

POPでもその商品のアピールポイントや調理方法などをしっかりと表現する。

鯛(タイ)

来世に生まれ変わるなら

鯛。自分のような魚屋に目利きされたい(笑)

タイ

包丁で手を切ってしまった経験で、最も深い傷は?

髙橋 健太郎

包丁で切った事はほとんどがないが、鯛のひれが左親指先端に刺さり、数日間痛みが治まらないので医者に行ったら、2cmほどのひれが残っていて「この状態でよく数日間我慢したなあ~!」と驚かれた。

タイ

仕事で一番辛かったことは何ですか?

髙橋 健太郎

上手く魚を捌けなかった若い頃。サーモンや鰆などの身の柔らかい魚を捌くのが苦手だった。

タイ

若い方に伝えたいことは何ですか?

髙橋 健太郎

努力と苦労は自分の財産(座右の銘)。はじめはしんどいのは当たり前だから、逃げずに頑張れ!頑張った分だけ自分が成長する!

タイ

切ってて一番気持ちのよい魚は何ですか?

髙橋 健太郎

やっぱり鯛(笑)

タイ

“お客様”との忘れられない想い出は?

髙橋 健太郎

以前勤務していた店舗での常連様が、わざわざ遠いのに現在の店舗までお越し頂けたこと。

タイ

“お魚様”との忘れられない想い出は?

髙橋 健太郎

会長が仕入されて強引に店舗に送り込まれてきた鮸鯛(ニベ)、食わず嫌いで今までは敬遠してきたけれど、少し味見してみたら物凄く美味しくて、「こんなに低価格なのにこんなに美味しいとは!」と、ギャップに驚いた。

髙橋 健太郎

タイ

弾力のある美しい身を刺身にしてもらいました。

タイ

金額のことを気にせずに買えるなら何の魚を買いたいですか?

髙橋 健太郎

九絵(クエ)。

© NISHIASA CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

株式会社 西浅

本社 〒602-0011 京都市上京区室町通鞍馬口下る森ノ木町462

祝園店 店長 髙橋 健太郎