上本町店 店長

三澄 幸史

仕事における わたしのモットー

皆が仕事を愉しみながら忙しく動き回り、活発なコミュニケーションがスタッフの間でも

お客様ともある、「愉しい職場」にする。

食べて好きなのは、寒鰤の塩焼き。

捌いて好きなのは、鯛。売場において、良い鯛が並ぶと売場全体の格が上がるから。

好きな魚

鰤(ブリ)

店舗のこだわり

整然とした商品陳列よりも、魚の種類が多かったり魚の活きの良さが見えるような、

良い意味で雑然とした、活気の感じられる売場にする。

獲れた魚群の中で一番良い秋刀魚。高級魚になりたい訳じゃなく、あくまでも庶民的存在で

ありながら、でも徐々にレア度が増してきている、そんな秋刀魚の中での一等賞になりたい。

来世に生まれ変わるなら

秋刀魚(サンマ)

フグ

一番楽しい作業は何ですか?

三澄 幸史

接客販売。

フグ

包丁で手を切ってしまった経験で、最も深い傷は?

三澄 幸史

魚を切っている時では、ほとんど手を切ることはないのに、左手に持ったタオルで包丁拭いているときに、タオルもろとも薬指を切って4針縫合(笑)

フグ

仕事のやりがいは何ですか?

三澄 幸史

美味しかったかどうかの評価は、お客様が買い物された翌日以降でしか分からない。でも、商品をお買い上げ頂ける瞬間は、「この店長の目利きだから大丈夫だろう」という自分への信頼を感じられる。

フグ

若い方に伝えたいことは何ですか?

三澄 幸史

ひきこもりだとか、グレるだとかは、余裕があるからできる。必死に生きようとする人間なら、そんなことをしているヒマすら無い!

フグ

いつも何時に起きて何時に寝ますか?

三澄 幸史

4:20起床、21:30就寝は、出勤公休関係なく毎日一定。

フグ

“お客様”との忘れられない想い出は?

三澄 幸史

毎日売場に来てくれる小学生と仲良くなったが、ある日その子が万引きしている(いじめっ子に強要されていた)ことに気付いてしまい、悩みに悩んで、本人とお母様に注意しつつ、どうか穏便に済ませるように諭した。

三澄 幸史

フグ

モチモチプリプリの美味しい身を堪能できる、

てっちりセットにしてもらいました

フグ

この仕事を志したきっかけは?

三澄 幸史

スーパーに就職したら、一番なりたくなかったのに、

配属命令が出てしまった。

フグ

“お魚様”との忘れられない想い出は?

三澄 幸史

まず滅多に生のままでは食べない柳葉魚を食べてみると、焼いて食べるのとは全然違う味わいで、とびきり美味しかった。当時の上司のN課長に「これ、何の魚か当ててみてください」と言って試食してもらったら、こともなげに「…柳葉魚やな…。」と当てられてしまい、度肝を抜かれた(笑)

© NISHIASA CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

株式会社 西浅

本社 〒602-0011 京都市上京区室町通鞍馬口下る森ノ木町462

上本町店 店長 三澄 幸史